/

東証10時 上げ幅やや拡大、海運や自動車が買われる

14日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はやや上げ幅を拡大し、前日比170円ほど高い3万0600円台前半で推移している。上げ幅を60円程度まで縮める場面もあったが3万0500円近辺で切り返し上値を試す展開となっている。海運や自動車など景気敏感株の一角が買われている。

日本株相場は次期政権による経済対策への期待先行で、急ピッチの上昇が続いている。市場では「押し目を待っていた投資家もなかなか相場が下がらない焦りから買いに動かざるを得ない状況」(国内運用会社)との指摘があった。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で9756億円、売買高は4億638万株だった。

川崎汽郵船は上げ幅を拡大。スズキいすゞも高い。一方、コナミHDオリンパスセブン&アイが下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン