/

東証10時 軟調、300円超安で推移 景気敏感株に売り

24日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は軟調だ。前日比300円ほど安い2万8600円台後半で推移している。欧州などで新型コロナの変異ウイルスの感染拡大が広がっていることが改めて意識されるなか、景気回復の遅れに対する警戒感から景気敏感株を中心に売りが出ている。ワクチン普及による経済正常化へのやや行きすぎた期待感が後退している。

市場からは「株価は世界的に高値圏にあったため、欧州の変異ウイルスの拡大が格好の売り材料になっている面もある。年度末に向けた売買は大方終了しており、新規での買いが入りにくいことも株価の重荷となっている」(国内証券のストラテジスト)との声があった。東証業種別騰落率はすべての業種が下落している。空運や海運、鉱業など景気敏感株の下落率が大きい。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で9359億円、売買高は4億7305万株だった。

千葉銀ふくおかFGりそなHD静岡銀三菱UFJなど銀行株が総じて安い。Jフロント三越伊勢丹丸井Gなど小売株の一角にも売りが出ている。一方、東エレクSUMCOアドテストなどハイテク株の一角が高い。太陽誘電オムロンアルプスアルなど電気機器の一部も堅調だ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン