/

東証10時 上げ幅600円超 ソフトバンクGは一段高

12日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上げ幅を600円超に広げ、2万8400円台前半で推移している。米連邦準備理事会(FRB)による大幅利上げの観測後退を手掛かりとした買いが引き続き入っている。

市場では「特別清算指数(SQ)算出に絡んだ買いも相場を押し上げたとみられる。そのため午後に向けては上げ幅が大幅に縮小する可能性があり、注意したい」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジスト)との見方があった。

10時現在の東証プライムの売買代金は概算で1兆4577億円、売買高は5億6336万株だった。

ソフトバンクグループ(SBG)や楽天グループが上げ幅を拡大している。DOWA大平金も高い。半面、資生堂スズキOKIが下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン