/

東証10時 下げ一服し280円安 資源関連には買い

12日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げが一服し、前日比280円ほど安い2万5900円台前半で推移している。朝方に大幅に下げた後は値ごろ感が出たと見られた主力銘柄の一部に見直し買いが入っている。好決算銘柄の一部に断続的な買いが入っていることも、指数の下げ渋りにつながっている。

米国でインフレ率が高止まりしており、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを加速させるとの懸念は根強い。市場では「米国などグローバルなインフレが経済だけでなく、企業業績の下押し要因になることが意識されている」(大和証券の林健太郎シニアストラテジスト)との見方があった。半面、資源高で恩恵を受ける総合商社や石油などには買いが入っている。

10時現在の東証プライムの売買代金は概算で9983億円、売買高は4億4031万株だった。

エムスリーシャープは7%前後下げている。花王スズキZHDの下げも大きい。中外薬富士フイルムも安い。一方、日製鋼は上げ幅を拡大。出光興産マツダも上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン