/

東証10時 軟調 決算発表前に様子見ムード

22日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日比130円ほど安い2万8600円台前半で軟調な展開となっている。来週から国内主要企業の決算発表が本格的に始まるため、様子見ムードが漂っている。半導体関連の一角などこのところ買われてきた値がさ株が利益確定目的で売られている。

英紙タイムズが「日本政府が東京五輪の中止を内々に結論づけた」と報じたと伝わり、電通グループなど関連銘柄が下げている。一方、業績見通しを上方修正した銘柄が買われている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で8192億円、売買高は4億1579万株だった。

東エレクスクリンが安い。TDK太陽誘電も売られている。一方、パナソニックシャープが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン