/

東証10時 下げ幅一時200円超 米金利の一段高に警戒感

11日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前週末比170円ほど安い2万8300円近辺と軟調に推移している。米金融政策の正常化が前倒しされることへの警戒感が引き続き重荷になっている。

下げ幅は200円を超える場面もあった。市場では「11日にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の承認を巡る米議会上院の公聴会、12日に2021年12月の米消費者物価指数(CPI)の公表を控え、米金利が一段と上昇するとの見方も強く投資家は株買いに慎重になっている」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれる。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で9900億円、売買高は3億9762万株だった。

キーエンスが一段安。楽天グループZHDが下落している。半面、任天堂や武田、T&Dが買われている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン