/

東証10時 堅調、一時700円高 「個人が押し目買い」

1日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は堅調に推移し、前日比600円程度高い2万9500円台で推移している。上げ幅が700円を超える場面もあった。前週末に大幅安となったため、値ごろ感が出てきた銘柄を物色する動きが広がっている。前週末の米半導体株の上昇を受け、東京市場でも半導体関連株への買いが目立つ。

市場からは「日経平均は前週末に1202円安と急落したこともあり、個人投資家が値ごろ感から押し目買いを入れている」(国内証券の株式情報担当者)との声があった。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で7801億円、売買高は3億8368万株だった。

アドテストが5%超高となっているほか、スクリン東エレクなど半導体関連株が総じて高い。ソフトバンクG(SBG)も高い。NTTデータオリンパスが堅調だ。一方、JFE日本製鉄神戸鋼など鉄鋼株が安い。Jフロント三越伊勢丹など小売株の一角や、JR東海、東急が軟調だ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン