/

東証10時 一時下げに転じる 利益確定売りが重荷

10日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一時下げに転じ、前日比10円ほど安い2万9000円近辺で推移している。米長期金利の一方的な上昇に対する過度な警戒感はいったん後退しているものの、様子見姿勢の市場参加者は多い。前日の米長期金利低下をよりどころにしたハイテク株買いの勢いは強まらず、足元では利益確定売りに押されている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で9177億円、売買高は4億6990万株だった。

ソフトバンクグループ(SBG)、ファストリエムスリーバンナムHDが安い。東エレクは下げに転じる場面がみられる。一方、KDDIファナックエーザイが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン