/

東証寄り付き 反落、下げ幅一時700円超 米株安でリスク回避の売り

19日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落して始まり、前日に比べ670円ほど安い2万6200円台前半で推移している。前日の米株式市場で主要3指数が大幅に下落した流れで、東京市場でも運用リスクを回避したい投資家の売りが出ている。下げ幅は700円を超える場面がある。

前日の米株式市場では、小売企業の決算が振るわず米国の消費を巡る不透明感から、小売株を中心に幅広い銘柄が売られた。投資家心理が悪化したことで、ハイテク株も大幅に下落。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4.7%安となった。東京市場でも値がさのハイテク関連の下げが大きく、指数を押し下げている。

19日朝の東京外国為替市場では円相場が一時1ドル=127円台に円高・ドル安が進んだ。輸出採算が悪化するとの思惑から、輸出関連株の重荷となっている。

東証株価指数(TOPIX)は大幅に反落。下げ幅は2%を超える場面がある。

ソフトバンクグループファストリ東エレクが下落。トヨタセブン&アイ郵船も売られている。一方、コナミHD任天堂東ガスが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン