/

東証寄り付き 前日終値挟んで一進一退 利益確定売り、空運は上昇

9日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前日終値(2万8860円)を挟んで一進一退の展開となっている。前日まで日経平均が急ピッチな上昇が続いた反動で利益確定売りが出ている。朝方は売りが先行していた。

一方、上げに転じる場面もみられる。8日の米株式市場でダウ工業株30種平均とハイテク株が多いナスダック総合株価指数は上昇したことが支えになっている。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大への警戒感が和らぎ、空運株などが買われている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅に反落している。

ファストリ東エレクが安い。一方、ソフトバンクグループ(SBG)は上昇している。車載通信部品が特許を侵害しているとして米特許会社が米裁判所に提訴したと伝わったトヨタは小高く、ホンダは下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン