/

東証寄り付き 下げ幅200円超 景気敏感や原油関連株に売り

6日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落で始まり、前日に比べ250円ほど安い2万6100円台後半で推移している。前日の米債券市場で景気後退の予兆とされる「逆イールド」が再び発生するなど、世界景気の減速懸念が広がり、東京市場でも投資家心理の重荷となっている。

休場明けとなった前日の米株式市場では主要3指数が高安まちまちだったものの、景気後退懸念でダウ工業株30種平均は軟調だった。米債券市場では、10年債利回りが2年債利回りを下回る逆イールドが発生した。東京市場では景気の先行き懸念から自動車株や鉄鋼株など景気敏感株を中心に売りが出ている。

景気後退に伴う需要減が意識され、前日の米原油先物相場は4月下旬以来の安値をつけた。東京市場ではINPEXや石油資源、出光興産ENEOSなどの原油関連株の下げが目立つ。

東京都では5日、新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者が約2カ月ぶりに5000人を上回った。過去最多の感染者数となる自治体もあり、感染再拡大も不安材料だ。

一方、米長期金利が低下しており、東京市場でもソフトバンクグループ(SBG)やエムスリーなどハイテク株の一角に買いが入っている。

東証株価指数(TOPIX)は反落している。

ニコン住友鉱川重が下落。コマツ三井物が売られている。半面、楽天グループ第一三共エーザイが上昇。キリンHDリクルートが買われている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン