/

東証寄り付き 反落 米株安が重荷に トヨタとエーザイが高値更新

16日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日に比べ70円ほど安い2万9300円台半ばで推移している。前日の米株安を背景に運用リスクを回避する動きが広がり、東京市場でも主力銘柄を中心に売りが先行した。日本株は前日まで上昇していた反動もあり、利益確定売りも出ている。

前日の米株式市場では、ダウ工業株30種平均やハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数が下落した。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は続伸している。

ソニーG東エレクなど主力のハイテク銘柄が下げている。ファストリも安い。一方、トヨタエーザイは堅調に推移し、上場来高値を更新した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン