/

東証寄り付き 350円高、米ダウ最高値を好感 鉄鋼株などに買い

6日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反発し、前営業日に比べ350円ほど高い2万9100円台後半で推移している。日本が連休中の米株式市場でダウ工業株30種平均が上昇し、5日に過去最高値を更新したのを好感。日本株にも買いが先行した。鉄鋼や鉱業など景気敏感業種の上昇が目立つ。

米長期金利上昇への警戒が和らいでいるのも相場の支えとなっている。イエレン米財務長官が4日に「米経済が過熱しないように確実を期するため、金利はほんの少し上昇せざるを得ないかもしれない」と述べたが、その後発言を修正した。5日の米長期金利は日本の連休入り前よりも低い水準となっており、買い安心感につながっている。

ファストリリクルートファナックが上昇。半面、アドテストネクソンが下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン