/

東証寄り付き 続伸、一時260円超高 4~6月期GDPには反応限定

15日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸して始まり、前週末に比べ200円ほど高い2万8700円台半ばで推移している。上げ幅は一時260円を超えた。前週末の米株式市場では、主要3指数がそろって上昇した。東京市場でも運用リスクが取りやすくなったとみた投資家の買いが入っている。

前週末の米国市場ではインフレ高進が一服し米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの観測から、株に買いが入った。主要な半導体株で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は3%近く上昇しており、東京市場でも値がさの半導体関連に買いが入っている。

取引開始前に内閣府が発表した2022年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比2.2%増(年率換算、季節調整済み)だった。QUICKがまとめた市場予想の中央値(2.5%増)を下回ったものの、株式市場の反応は今のところ限られている。

東証株価指数(TOPIX)は続伸している。

東エレク信越化が高い。ソフトバンクグループダイキンテルモにも買いが入っている。一方、川崎汽など海運株は下げが目立つ。NTTデータトヨタも下落。前週末に決算を発表したリクルートも売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン