/

東証寄り付き 反発 米金利の上昇一服でハイテク株に買い戻し

1日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反発し、前週末比530円ほど高い2万9400円台後半で推移している。上げ幅は一時600円を超えた。前週末の米市場で米長期金利の上昇が一服し、ハイテク株を中心に買い戻しが優勢となった流れを引き継ぎ、週明けの東京市場は半導体関連株などを中心に買い優勢で始まった。日本時間1日早朝のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で米株価指数先物が上昇していることも投資家心理を上向かせている。

前週末の米ダウ工業株30種平均は続落したが、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は反発した。東京市場でも米ハイテク株高を受けソフトバンクグループ(SBG)が大きく上げて始まった。アドテストスクリンなどの半導体関連株にも買いが先行している。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反発している。

NTTデータ東ソーが高い。伊藤忠リクルートトレンドも堅調に推移している。一方、郵船商船三井の海運株の一角が安い。JフロントJFE東邦鉛も軟調だ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン