/

東証寄り付き 続落、下げ幅一時200円に迫る 景気減速懸念が重荷

(更新)

30日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日に比べ130円ほど安い2万6600円台後半で推移している。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が29日にインフレ抑制を重視し積極的な金融引き締めを続ける姿勢を示したことから、世界景気の減速懸念が広がっており、投資家心理の重荷となっている。下げ幅は一時200円に迫った。

パウエル議長は29日に欧州中央銀行(ECB)主催のシンポジウムで、より大きなリスクは「物価安定の回復に失敗することだ」などと述べた。積極的な金融引き締めが続くとの見方から世界景気の減速懸念が広がっており、相場の上値を抑えている。

前日の米株式市場では主要3指数は高安まちまちだったものの、主要な半導体銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は2%超下落した。東京市場でも東エレクファナックなど半導体関連銘柄に売りが出ている。

日経平均は3月末から6月29日までに3.65%下落した。月末と四半期末が重なり、機関投資家のリバランス(資産配分の見直し)に伴う買いが入る可能性が意識され、資金流入の期待が相場を支えている。

取引時間前に経済産業省が発表した5月の鉱工業生産指数(季節調整済み)の速報値は前月比7.2%低下した。QUICKがまとめた民間予想の中央値(0.3%)を下回ったが、株価の反応は限られている。

東証株価指数(TOPIX)は続落している。

日野自日産自出光興産が下落。りそなHD三井不ソニーGが下げている。一方、ディーエヌエや第一三共、オリンパスが上昇。スズキ協和キリンが上げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン