/

東証寄り付き 続伸し250円高 米緩和長期化観測で

10日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末に比べ250円ほど高い2万9600円台前半で推移している。4月の米雇用統計の結果を受けて米国で金融緩和策が長期化するとの見方が広がり、前週末の米株式相場が上昇して終えた。東京市場でも投資家が運用リスクを取る姿勢を強めている。

前週末の米株式市場ではダウ工業株30種平均が5日続伸し、3日連続で過去最高値を更新した。4月の米雇用統計が市場予測を大幅に下回る結果だったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)が金融緩和策を継続するとの見方が相場を支えた。PER(株価収益率)などバリュエーション(投資尺度)面で割高感のあるハイテク株も買われ、ナスダック総合株価指数も上昇して終えた。きょうの東京市場でも半導体関連株などは買いが先行している。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに続伸している。

日本製鉄JFEが大幅高。東エレクソフトバンクグループが買われている。一方、前週末に決算を発表したディーエヌエは大幅安。郵船川崎汽が売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン