/

外為17時 円3日続伸、127円台後半 日米金利差の縮小を意識

20日の東京外国為替市場で円相場は3日続伸した。17時時点は1ドル=127円90~92銭と、前日の同時点に比べ32銭の円高・ドル安だった。米長期金利の低下基調が続いており、日米金利差の縮小を意識した円買い・ドル売りが優勢だった。

円相場は一時127円53銭近辺まで上昇した。19日は米国で景気減速懸念によって株式相場が下落しており、米長期金利も4月下旬以来の水準まで低下する場面があった。投資家が運用リスクを回避する傾向を強めるとの見方も出て、「低リスク通貨」とされる円の買い戻しが入った。9~17時の円の安値は128円21銭近辺で、値幅は68銭程度だった。

円は対ユーロで反落した。17時時点は1ユーロ=135円23~25銭と、前日の17時時点に比べ70銭の円安・ユーロ高だった。

ユーロは対ドルで反発した。17時時点は1ユーロ=1.0572~73ドルと、同0.0080ドルのユーロ高・ドル安だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン