/

外為14時 円、安値圏で小動き 110円台後半

(更新)

23日午後の東京外国為替市場で円相場はきょうの安値圏で小幅な動きとなっている。14時時点では1ドル=110円79銭近辺と前日17時時点と比べて31銭の円安・ドル高だった。米国の早期利上げ観測の後退でリスクをとりやすくなった投資家などから円売りが先行したが、米金融政策の先行きはなお見通しづらく次第に様子見ムードが強まった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン