/

外為14時 円、小動き 103円台半ば

22日午後の東京外国為替市場で円相場は小幅な動きとなっている。14時時点は前日17時時点に比べ5銭の円安・ドル高の1ドル=103円57銭近辺だった。22日のアジア株が全般に下落しており「投資家が運用リスクを避けて(流動性の高い)ドルに買いを入れている」(国内銀行)のが円相場の重荷になっている。米長期金利の上昇の勢いが鈍くなっており「日米金利差の縮小観測を手掛かりとした円買いも入りやすい」という。このため円は膠着感を強めている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン