/

外為12時 円、上昇し103円台後半 米金融緩和の長期化で

15日午前の東京外国為替市場で、円相場は上昇した。12時時点は1ドル=103円77銭近辺と前日17時時点と比べて26銭の円高・ドル安だった。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が14日のオンライン討論会で金融緩和の長期化を示唆したことや、米雇用指標の悪化を背景にドル売り・円買いが優勢となった14日の海外市場の流れを引き継いだ。15日午前の日経平均株価が軟調に推移したのも、円相場の支えとなった。

バイデン米次期大統領は日本時間15日、1.9兆ドル規模の追加経済対策の概要を公表した。市場では「発言内容は予想通りで、目先の材料出つくし感が出ている」(FX会社のアナリスト)との声が聞かれた。

きょうは事業会社の決済が集中しやすい「5・10日(ごとおび)」にあたる。10時前の中値決済に向けては輸入企業による実需の円売り・ドル買いが出て、円の上値は限られた。9~12時の円の高値は103円70銭近辺、安値は103円85銭近辺で、値幅は15銭程度だった。

円は対ユーロでも上昇した。12時時点は1ユーロ=126円09~10銭と、同23銭の円高・ユーロ安だった。ユーロの対ドル相場は上昇した。12時時点は1ユーロ=1.2150~51ドルと同0.0008ドルのユーロ高・ドル安だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン