/

この記事は会員限定です

債券15時 30年利回り、横ばい 新発10年債は未成立

(更新) [有料会員限定]

7日の国内債券市場で、新発30年物国債の利回りは横ばいだった。前週末と同じ0.690%で推移している。5月の米雇用統計が市場予想ほど改善しなかったのをきっかけに米長期金利が大きく低下(債券価格は上昇)し、国内債にも買いが入った。だが、8日に30年債入札を控えて持ち高調整の売りも出た。

流通市場は閑散だった。利回りが長期金利の指標となる新発10年物国債は15時になっても取引が成立していない。このまま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン