/

この記事は会員限定です

債券15時 長期金利、0.030%で横ばい 日銀オペ結果で売り一服

[有料会員限定]

連休明け12日の国内債券市場で、長期金利は横ばいだった。指標となる新発10年物国債の利回りは前週末と同じ0.030%をつけた。バイデン米次期政権による巨額の財政支出への思惑から米長期金利が上昇(債券価格は下落)。国内債には売りが出たが、日銀の国債買い入れオペ(公開市場操作)の結果は投資家の売り意欲の乏しさが明らかになったと受け止められると買いも入った。

中期債には買いが優勢だった。新発5年物国債の利回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン