/

この記事は会員限定です

債券12時50分 長期金利、0.035%で横ばい 30年入札「無難」の声

[有料会員限定]

8日午後の国内債券市場で長期金利は横ばいだった。指標となる新発10年物国債の利回りは前日と同じ0.035%をつけた。米国で民主党が上下両院と大統領職を制したことでバイデン次期政権が大型の景気刺激策を打ちやすくなるとの見方から米長期金利が上昇(債券価格が下落)し、国内の長期債にも売りが出た。だが、緊急事態宣言の発令は国内景気の下振れ要因となるため、債券には買いも入った。

財務省が8日に実施した30年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン