/

この記事は会員限定です

債券12時50分 先物、一進一退 2年債入札「低調」との声

(更新) [有料会員限定]

27日午後の国内債券市場で、先物相場は前日26日の清算値(151円13銭)を挟んで一進一退となっている。中心限月の12月物は前日比3銭安の151円10銭と、前場終値を2銭下回る水準で後場の取引を始めた。財務省が27日実施した2年物国債の入札の結果が振るわなかったことから、後場の寄り付き直後は売りに押された。だが衆院選の投開票を31日に控え、投資家の様子見姿勢は強く、方向感に乏しい展開が続いている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン