/

この記事は会員限定です

債券12時50分 長期金利、上昇幅拡大 0.035% 米債売り続く

(更新) [有料会員限定]

7日午後の国内債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは上昇幅が拡大した。前日比0.010%高い(価格は安い)0.035%を付けた。米バイデン次期政権が国債増発を伴う財政支出を打ち出すとの見方から、日本時間7日になっても米国債への売りが続いている。国内債にも売りが波及した。先物は下げ幅を拡大している。中心限月の3月物は一時、前日比15銭安の151円78銭まで売られた。

財務省が7日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン