/

この記事は会員限定です

債券12時50分 長期金利、急低下 一時0.10%、日銀総裁発言で買い

[有料会員限定]

5日午後の国内債券市場で、長期金利が急速に低下(債券価格が上昇)した。指標となる新発10年物国債の利回りは一時0.100%と前日から0.030%低下した。日銀の黒田東彦総裁が長期金利の変動幅拡大に否定的な姿勢を示し、これまでの売り持ち高を縮小する買いが増えた。

黒田総裁は5日の衆院財務金融委員会で、現在プラスマイナス0.2%程度としている長期金利の変動幅の拡大に関し「必要とも適当とも思っていない」と語...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン