/

この記事は会員限定です

債券11時 長期金利、0.100%で横ばい 20年債利回りは上昇

(更新) [有料会員限定]

12日午前の国内債券市場で、長期金利は横ばいだった。指標となる新発10年物国債の利回りは前週末と同じ0.100%をつけた。9日発表の3月の米卸売物価指数(PPI)が市場予想を上回る伸びとなったのを材料に9日の米長期金利が上昇(価格は下落)し、週明けの国内債にも売り圧力がかかった。一方、前週に財務省が実施した30年物国債と5年物国債の入札がいずれも順調な結果だったことから買いも入った。

新発20年債...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り242文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン