/

この記事は会員限定です

債券寄り付き 20年利回り横ばい 需給引き締まりの意識は支え

[有料会員限定]

16日朝方の国内債券市場で、新発20年物国債の利回りは横ばい。前日と同じ0.415%をつけた。財務省が実施する20年物国債入札は、目先の償還資金の多さを背景に無難に通過するとの見方が多い。需給の引き締まりを見込んだ債券買いが入った。半面、15日に発表された9月のニューヨーク連銀製造業景況指数が前月から上昇し、米景気の減速懸念がやや後退。米長期金利が上昇(債券価格が下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン