/

この記事は会員限定です

債券寄り付き 先物、横ばいで始まる 米金利の先高観は重荷

[有料会員限定]

20日朝方の国内債券市場で先物相場は横ばいで始まった。中心限月の3月物は前日と同じ150円92銭で寄り付き、前日比4銭高の150円96銭をつける場面もあった。19日の米債券市場で米長期金利の上昇(価格の下落)が一服しており、国内債にも買いが及んだ。ただ、米金融政策の正常化が早期に進むとの観測から米金利には先高観が根強く、国内債の上値を追う動きも限られ、一巡後は下落に転じている。

現物債市場では全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン