/

この記事は会員限定です

香港株大引け 8日ぶり反落、米ナスダック先物安で 主力ネットに売り

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】18日の香港株式相場は8営業日ぶりに反落した。ハンセン指数の終値は前日比489.67ポイント(1.57%)安の3万0595.27だった。アジア時間18日の米ナスダック総合株価指数先物の下落が投資家心理の重荷となり、主力ネット株が午後に下げ幅を広げた。ハンセン指数が急ピッチで2年8カ月ぶりの高値水準まで上昇してきたため、過熱感を警戒する売りも目立った。

ハンセン指数を構成する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り450文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン