/

この記事は会員限定です

香港株大引け 続落、コロナ感染や米中対立を懸念 テック指数は1.76%高

[有料会員限定]

【NQN香港=川上宗馬】8日の香港株式相場は続落した。ハンセン指数の終値は前日比202.29ポイント(0.76%)安の2万6304.56だった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続いているほか、米中対立の激化懸念もくすぶり、投資家が運用リスクを回避する姿勢を強めた。石油関連などの景気敏感株を中心に売りが出た。

香港政府は8日、コロナの感染再拡大を受け、10日から飲食店の営業時間を午後6時まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り496文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン