/

この記事は会員限定です

香港株大引け 小幅続落、主力ネットに利益確定 中国マネーの流入は継続

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】27日の香港株式相場は小幅に続落した。ハンセン指数の終値は前日比93.73ポイント(0.31%)安の2万9297.53となった。これまで急ピッチで上昇してきた主力ネット株などに利益確定売りが続いたほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に投資家の様子見姿勢も強かった。一方、中国本土(上海、深圳)市場との株式相互取引を通じた中国人投資家による香港株の売買は235億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン