/

この記事は会員限定です

香港株大引け 反落、中国の対米報復が重荷 売買低水準

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】10日の香港株式相場は反落した。ハンセン指数の終値は前日比92.25ポイント(0.34%)安の2万6410.59だった。前日の米株安を受け、短期的な過熱感が意識され売りが優勢となった。中国外務省の報道官は10日の定例記者会見で、「香港とマカオを訪問する米国の外交官パスポート保有者に対するビザ免除措置を取り消す」と述べた。米政府による中国高官14人への制裁に対する報復措置とみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン