/

この記事は会員限定です

香港株前引け 反発、ネット株への米国の投資禁止回避で

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】14日午前の香港株式市場でハンセン指数は反発した。午前の終値は前日に比べ139.65ポイント(0.49%)高の2万8375.25だった。電子商取引のアリババ集団など中国のネット大手が、トランプ米政権による米投資家の投資禁止対象には追加されないとの報道を受け、好感した買いが入った。13日の米ハイテク株高も支えとなった。

取引時間中に発表された中国の2020年12月の貿易統...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン