/

この記事は会員限定です

香港株前引け 続落、反独占調査に警戒 中国大型ネット安い

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】12日午前の香港株式市場でハンセン指数は続落した。午前の終値は前週末比281.56ポイント(0.98%)安の2万8417.24だった。中国の独占禁止当局がアリババ集団に約182億元の罰金を科したのを受け、調査がほかのIT(情報技術)大手にも広がるとの警戒感が強まった。中国本土株や米株価指数先物が下落した流れも波及し、ハンセン指数も徐々に下げ幅を拡大した。

ネットサービスの騰訊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン