/

この記事は会員限定です

香港株前引け 続落、コロナ変異型や当局規制を懸念 テック指数は1.03%安

(更新) [有料会員限定]

【NQN香港=須永太一朗】30日午前の香港株式市場でハンセン指数は続落した。午前の終値は前日比260.56ポイント(1.09%)安の2万3591.68だった。朝方は小高い場面もあったが、新型コロナウイルス「オミクロン型」の世界的な感染拡大への警戒が根強く、次第に売りが優勢になった。

指数の下落率は1.4%を超える場面もあった。マカオのカジノ産業などへの中国当局の規制懸念も相場の重荷になった。

ネッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン