/

この記事は会員限定です

商品15時15分 原油が続伸、OPECプラス減産維持の見通しで 金は反落

[有料会員限定]

30日の国内商品先物市場で、原油は続伸した。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が4月1日に開く会合で、5月も現行の協調減産を維持することを決めるとの観測が広がっている。野村証券の大越龍文氏は「増産見送りを見込んで持ち高調整の買いが入った」と指摘した。

金は反落した。米長期金利が前日に続いて日本時間30日の取引でも上昇し、金利の付かない金先物の売りを促した。外国為替...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン