/

この記事は会員限定です

商品11時30分 ゴムは大幅反落、減産期終了を見込んだ売りも 白金は横ばい圏

[有料会員限定]

19日午前の国内商品先物市場で、ゴム(RSS)は大幅に反落した。11時30分時点で中心限月の9月物は前週末の清算値に比べ8.3円安い1キログラム229.4円だった。中国・上海市場でゴム相場が軟調に推移しており、国内ゴムも売り優勢となっている。半導体不足による自動車生産の停滞からタイヤの原料であるゴムが売られやすいことに加え、「主産地である東南アジアでの減産期終了を見込んだ売りも出ているようだ」(フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン