/

NY原油100ドル割れ、4月下旬以来の安値 景気悪化懸念

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【NQNニューヨーク=横内理恵】5日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は大幅に反落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の8月物は前営業日の1日と比べて8.93ドル(8.2%)安の1バレル99.50ドルで取引を終えた。一時は97.43ドルと4月下旬以来の安値を付けた。世界的な景気悪化の懸念から原油先物の売りが広がった。ドル高が進み、ドル建てで取引される原油の割高感が意識されたのも相場の重荷となった。

ロシアから欧州への天然ガスの供給が一段と細り、エネルギー高で欧州景気が悪化するとの懸念が広がった。米連邦準備理事会(FRB)の積極的な金融引き締めで米景気の減速基調も強まるとみられており、原油需要が停滞するとの見方が売りを誘った。

ドル高も売りの一因だった。欧州景気懸念から外国為替市場でユーロが対ドルで20年ぶりの安値を付け、英ポンドなども対ドルで下落した。欧州の主要株価指数が大幅に下落し、米株式相場も下げ幅を広げる場面があった。株と同様にリスク資産である原油先物の持ち高を手じまう動きも相場の重荷となった。

ニューヨーク金先物相場は6日続落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である8月物は前営業日比37.6ドル(2.1%)安の1トロイオンス1763.9ドルで取引を終えた。対ユーロなどでドル高が進み、ドルの代替投資先として逆の動きになりやすい金が売られた。一時は1763.0ドルと2021年12月以来の安値を付けた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン