/

NY商品、原油が続落 中国のコロナ感染拡大を懸念 金も続落

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】9日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の9月物は前週末比1.80ドル(2.6%)安の1バレル66.48ドルで終えた。中国などアジアを中心に新型コロナウイルスの感染拡大が続き、エネルギー需要を抑えるとみた売りが優勢だった。

早朝の時間外取引で一時65.15ドルと、期近物として5月下旬以来の安値を付けた。

中国では新型コロナのインド型(デルタ型)の新規感染者数が増加傾向にあり、同国当局は省をまたぐ移動の自粛を呼びかけている。東南アジアの一部諸国でもデルタ型がまん延し、世界的な経済再開の遅れでエネルギー需要が伸び悩むと懸念された。

中国税関総署が7日発表した7月の貿易統計で、輸出の伸びが前月から大きく減速した。原油輸入は数量ベースで大幅に減った。中国景気の回復鈍化が示されたのも相場の重荷だった。

金先物相場は3日続落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である12月物は前週末比36.6ドル(2.1%)安の1トロイオンス1726.5ドルで終えた。8日夜の時間外取引で一時は1670ドル台と、中心限月として3月以来の安値を付けた。6日発表の7月の米雇用統計が市場予想を上回り、米国での早期の金融引き締め観測が浮上。金市場への資金流入が細るとみる売りが続いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン