/

シカゴ穀物概況・21日

【シカゴ支局】21日のシカゴ市場で主要穀物相場は軒並み続伸。小麦9月物は前日比10.25セント高の1ブッシェル=7.1075ドルで終わった。小麦産地の気候が乾燥で供給が逼迫するとの観測や、世界の小麦供給も減少するとの見通しを背景に買われた。

トウモロコシ、大豆は小麦につれ高となった。トウモロコシ12月物は同2.75セント高の5.6850ドル、大豆11月物は同1.25セント高の13.8975ドルで終わった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン