/

シカゴ穀物概況・19日

【シカゴ支局】19日のシカゴ市場でトウモロコシが続落した。米農務省が19日、21年の米国のトウモロコシ生産量は約151億5千万ブッシェルと過去最高を見通し、需給逼迫への懸念が薄れた。このため、週末を控えた利益確定の動きが強まった。3月物終値は前日比7.50セント安の1ブッシェル=5.4275ドル。

大豆は小幅反発した。需給逼迫を見込む買いが入った。米農務省は21年の米国の大豆生産量を45億ブッシェルと過去最高を見込んだものの、在庫は歴史的な低水準になるとの見方を示した。3月物終値は同2.25セント高の13.7725ドル。

小麦は反落した。前日に上げた反動から利益確定の売りに押された。3月物終値は同11.75セント安の6.5075ドル。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン