/

NY円、反落 1ドル=115円25~35銭 対欧州通貨のドル買いが波及

【NQNニューヨーク=戸部実華】7日のニューヨーク外国為替市場で円相場は3営業日ぶりに反落し、前週末比65銭円安・ドル高の1ドル=115円25~35銭で取引を終えた。ロシアへの経済制裁でエネルギー相場が高騰し、世界景気を冷やすとの警戒感が高まり、運用リスクを回避する動きが広がった。流動性が高いドルをユーロや英ポンドなど幅広い主要通貨に対して買う動きが強まり、対円のドル買いに波及した。

欧米がロシア産原油の輸入禁止を検討していると伝わり、供給懸念から米原油先物相場は6日の時間外取引で一時1バレル130ドル台と2008年7月以来の高値を付けた。ロシアによるウクライナへの攻撃が続き、両国の停戦交渉に進展はみられない。目先はエネルギー価格が高止まりし、インフレや消費減退につながるとの見方が広がった。

市場では「欧州経済はロシアのエネルギーへの依存度が高く、ウクライナとの地理的な近さから打撃を受けやすい」(邦銀為替ディーラー)との見方が根強い。ユーロや英ポンドに対するドル買いの勢いが増しやすかった。

もっとも、円は売り一巡後は下げ渋った。米株式市場でダウ工業株30種平均は797ドル安で終え、ドルと同様に低リスク通貨とされる円にも買いが入った。

円の安値は115円47銭、高値は115円21銭だった。

円は対ユーロで3日続伸し、前週末比30銭円高・ユーロ安の1ユーロ=125円10~20銭で取引を終えた。

ユーロは対ドルで6日続落し、前週末比0.0080ドルユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.0850~60ドルで取引を終えた。一段と緊迫しているウクライナ情勢に伴う景気懸念がユーロ相場の重荷となった。ユーロの安値は1.0846ドル、高値は1.0933ドルだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン