/

NY円、続伸 1ドル=109円70~80銭 米長期金利の低下受け

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】6日のニューヨーク外国為替市場で円相場は続伸し、前日比40銭円高・ドル安の1ドル=109円70~80銭で取引を終えた。米長期金利の低下で、日米金利差の縮小を見込む円買い・ドル売りが優勢だった。中国の景気回復で経済関係の深い欧州のユーロが買われたことも、円に対するドル売りにつながった。

米長期金利の指標である10年物国債利回りは一時、前日比0.05%低い(価格は高い)1.65%まで低下した。日米金利差の拡大が緩やかになるとの見方から円買い・ドル売りが強まった。

中国メディアの財新と英調査会社IHSマークイットが6日発表した中国の3月の非製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月比2.8ポイント上昇の54.3と、好不況の境目となる50を11カ月連続で上回った。中国景気への楽観論が強まり、対ドルでのユーロ買いを招き、対ドルでの円買いに波及した。

ニューヨーク市場での円の高値は109円67銭、安値は110円34銭だった。

円は対ユーロで3営業日ぶりに反落した。前日比20銭円安・ユーロ高の1ユーロ=130円30~40銭で取引を終えた。

ユーロは対ドルで続伸した。前日比0.0065ドル高い1ユーロ=1.1870~80ドルで終えた。中国の景気回復が欧州の景況改善につながるとの見方からユーロ買い・ドル売りが出た。

ユーロの高値は1.1878ドル、安値は1.1805ドルだった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン