/

ロンドン外為9日 ポンドとユーロ小幅続落 持ち高調整の売り

【NQNロンドン】9日のロンドン外国為替市場で、英ポンドは対ドルで小幅ながら3日続落した。英国時間16時時点では、前日の同時点と比べて0.0010ドルのポンド安・ドル高の1ポンド=1.3720~30ドルだった。

日中を通して狭い範囲の値動きだった。積極的に取引を手掛ける新規の材料は見当たらず、週末を控えた持ち高調整のポンド売りがやや優勢だった。

ユーロも対ドルで小幅続落した。0.0010ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1880~90ドルだった。ユーロも小幅な値動きだった。

円の対ドル相場は4日ぶりに反落した。30銭円安・ドル高の1ドル=109円50~60銭だった。前日に円買いが進んだこともあり、利益確定の円売りが優勢だった。

円の対ユーロ相場は反落した。30銭円安・ユーロ高の1ユーロ=130円20~30銭だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン