/

ロンドン外為9時半 ポンド一時上昇に転じる PMIは重荷

【NQNロンドン=椎名遥香】22日午前のロンドン外国為替市場で英ポンドは対ドルで一時上昇に転じた。英国時間9時30分時点は1ポンド=1.3730~40ドルと前日16時時点に比べ0.0010ドルのポンド高・ドル安だった。持ち高調整目的の買いが入った。もっとも、IHSマークイットが9時30分に発表した1月の英総合購買担当者景気指数(PMI)は40.6と2020年12月(50.4)を大きく下回り、発表後にポンドの対ドル相場は1.36ドル台後半まで下落した。

ユーロ相場は対ドルで小幅に上昇し、英国時間9時30分時点は1ユーロ=1.2170~80ドルと前日16時時点と比べて0.0020ドルのユーロ高・ドル安だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン