/

シカゴ日本株先物概況・26日

【シカゴ支局】26日の日経平均先物は続落した。3月物は前日比335円安の2万9285円で引け、26日の大取終値を35円上回った。米景気の回復が進みインフレが加速するとの警戒感が根強いなか、持ち高調整などの売りが優勢だった。前日に1年ぶりの高水準をつけた米長期金利の上昇が一服し、米株とともに買われる場面もあった。26日発表の1月の米個人消費支出は11カ月ぶりの上昇率の大きさとなり、景気回復を示した。

この日の3月物安値は2万8980円、高値は2万9670円。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン