/

シカゴ日本株先物概況・22日

【シカゴ支局】22日の日経平均先物は小幅続落した。3月物は前日比55円安の2万8610円で引け、22日の大取終値を20円下回った。バイデン新政権の大型経済対策の先行き警戒感から売られた。米報道を手掛かりに経済対策の議会調整が難航するとの懸念が強まった。このため22日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は続落し、日経平均先物を下押した。

この日の3月物安値は2万8395円、高値は2万8680円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン