/

ドイツ株19日 3日ぶり反落 コベストロが安い

【NQNロンドン】19日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は3営業日ぶりに反落した。終値は前週末と比べて91.36ポイント(0.6%)安の1万5368.39だった。午後に米国株が下がって始まったことを受け、ドイツ株も売りが優勢となった。

素材メーカーのコベストロと不動産のボノビアの下げが目立った。電力のエーオンは、アナリストによる投資判断と株価目標の引き上げなどが好感され買われた。

その他の欧州の主要株式相場はまちまち。欧州主要600社の株価指数であるストックス600は前週末比で0.1%安だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン